ビットコインは売り物ではありません!

ビットコインは希少な商品ですが、そのような希少性は需要がある場合にのみ意味があります。ビットコインの現在の強気相場は、世界中の状況を考えると超強気相場になるかもしれませんが、部分的には「流動性の危機」と呼ばれているものの結果。

需要の増加を満たすのに十分な供給がないため、特に毎日新しいドルが印刷されているため、毎日の強い動きが見られ、時には10%を超えることもあります。 

なぜビットコインは希少価値になっているのか?

ビットコインのプロトコルは、2100万枚のビットコインしか作成できないように設計されている。これらのコインは、ブロック取引の検証に成功した採掘者への報酬の形で徐々にネットワークに放出されます。

2020年5月以降、ビットコインに内蔵された半減メカニズムの一環として、マイナーは1ブロックあたり6.25ビットコインしか獲得できなくなりました(この金額は約4年後に再び半減される)。簡単に言えば、時間が経つにつれて、ネットワークに放出される新しいビットコインの量はどんどん少なくなっていくということ。 

これらの数字を考慮に入れると、2020年後半に新たに作られたビットコインの数は165,600ビットコインだったことがわかります。ご存知のように、2020年は機関投資家のクリプトへの参入も見られた。この期間に、MicroStrategyは7万BTC以上、Ruffer Investmentは4万5,000、そしてグレイスケール・ビットコイン・トラストだけで22万BTC弱を手に入れたのだ。 

これらの投資家は長期的に投資を行って、彼らは売買をしているのではなく、ビットコインを保管しているのです。場合によっては、リスクを再調整するために売却を行うこともありますが、MicroStrategyのような企業の場合は、会社の保有するすべての現金がビットコインに変換している。金が中央銀行に保管されているのと同じように、ビットコインも長期的な価値の貯蔵庫として保管ができる。

ビットコインが不足している  

調査会社Glassnodeのデータによると、現在流通しているビットコインの供給量(1860万)の78%が非流動性であり、高度に流動性があるか、または流動性がある、つまり売買が可能であると考えられるのは420万BTCのみであることがわかった。

2020年の間に100万BTC以上が非流動性となり、流動性の低下は今年の最後の四半期に顕著。 – まさにビットコインが大幅な価格上昇を経験した時期。

ビットコインの供給が縮小しているもう一つの理由は、ビットコイン投資マネージャーのティモシー・ピーターソン氏の調査によると、ビットコインの利用可能な供給の4%が毎年失われていることであり、これは、現在毎日900個のビットコインが採掘されている一方で、ユーザーがハードウェアウォレットを失ったり、ビットコインの鍵を失ったり、ユーザーがビットコインを取り出すための情報を渡さずに死亡したり、ビットコインが消滅したアドレスに送られたりした結果、毎日推定1,500個のビットコインが失われていることを意味しているそう。

ビットコインの需要は増加傾向

2020年3月に株式市場が暴落して以来、この1年で機関投資家の需要だけでなく、リテールトレーダーの需要も増えてきた。例えばGoogle Trendsを見てみると、ビットコインのオンライン検索が急上昇しており、まだ2017年の水準にも達していないことがわかる。特にナイジェリア、ガーナ、南アフリカ、オーストリア、スイスで関心が顕著だ。

ビットコインは、PayPalやキャッシュアプリなどの人気小売金融アプリでの支払いに使用できるようになりました。これにより、ビットコインへのアクセスが劇的に改善され、需要を後押しする働きをしています。Pantera Capitalによると、PayPalとSquareがそれぞれ、ビットコインの新規供給のほぼ70%と40%を購入していると推定されています。

これは本当に流動性の「危機」なのか?

取引プラットフォームのeToroは最近、顧客にメールで “限られた流動性と相まって、前代未聞のクリプト需要が、週末のBUY注文をサポートする我々の能力に課題を提示している “と述べている

CryptoQuantのデータが示すように、すべての取引所のウォレットに保有されているBTCの量は、過去1年間で著しく減少しており、利用可能なBTCの約20%が取引所を離れている。

これは非常に現実的には、より多くのトレーダーと新しい資本が市場に参入することで、急騰が期待できるということを意味する。一般的に想定されていることとは逆に、価格が上がれば、実際にはビットコインはより安全になる。

ビットコインは、手っ取り早く金持ちになるための手段ではなく、むしろ不動産や金に近いもので、長期的にお金を貯めておくための手段である。

流動性に「危機」はありません。むしろ、ビットコインは予想通りの動きをしている。 

Tags

タグ

Choose a language