ビットコインを買うタイミングをどうやって決めるか?

多くの新規投資家にとって、ビットコインを購入するのはいつが良いタイミングなのかがはっきりしないかもしれません。この記事では、あなたの心を決めるための有用な指標とフレームワークをいくつか紹介します。

長い間、人々はすぐに一攫千金を狙うためにビットコインを購入し、安く買ってピーク時に売ることを期待していました。これは、資産の開発の初期段階では完全に自然なことかもしれないが、資産が成熟するにつれて、仮想通貨トレーダーはまた、異なる方法で市場にアプローチする必要がある。

スキャルプトレーダーや先物取引に重点を置いている場合は、テクニカル分析に頼るのが良いでしょう。このようなタイプのトレーダーの場合、時間枠が短く、高レバレッジで取引する場合は、分析の長期的な構造的発展よりも他の即時的な要因が優先される。

しかし、長期的にビットコインを見ているのであれば、他の要因に目を向ける必要があるかもしれない。

オンチェーンセンチメント 

IntoTheBlockは、ビットコインを含む様々な暗号通貨のための有用なダッシュボードを提供している。ダッシュボードでは、損益率、取引統計、取引所の出入りなど、さまざまなパラメータの有用な概要を提供している。メーターは市場が弱気であることを教えてくれますが、それは買い時ではないことを意味しているのでしょうか?

以前の記事では、市場のサイクルについて説明した。もし私たちが安く買いたいと思うのであれば、状況がかなり悲観的で弱気になっているときにそうする可能性がある。もちろん、価格がさらに下落し続けるリスクは常にあるが、これは、市場構造の修正や一時的な変化があっても、ビットコインが永遠に急落するわけではないという基本原則をお伝えするためのものだ。

グレイスケールホールディングス

グレイスケールは、機関投資家が実際にビットコインを所有していなくても、信託ファンドを通じてビットコインへのエクスポージャーを得ることができるようにした大規模なクリプトファンド。Grayscaleは約200億ドルのビットコインを保有しているため、市場での活動は大きなものとなっている。

このグラフから分かるように、グレースケールのビットコイン商品は通常プレミアム価格で取引されており、ビットコインに対する強気の見方を示している。

1月6日、米国議会議事堂が襲撃され、ビットコインが直近の史上最高値まで上昇した際に、ビットコインの価格がグレイスケールの価格を上回り、過去2週間に見られたように、その後、急激な修正を経験しました。現在、グレイスケールは再びプレミアム価格で取引されています。

機関投資家の支持 

長い間、ビットコイン保有者は、市場を本当に押し進めたウィンクルヴォス兄弟のような大胆なクジラや、何年も前からビットコインを提唱してきたチャマス・パリハピティヤのようなアーリーアダプターにインスピレーションを求めていた。

2018年以前は、機関投資家はまだ「ファンダメンタルズはどこにあるのか」という問いかけをしていたが、2020年には機関投資家がファンダメンタルズになった。機関投資家がビットコインを支持することは、このスペースに正統性をもたらすかもしれませんが、実際に機関投資家がビットコインを買い始めると、長期的には不換紙幣よりもビットコインを保有する方が良いという壮大なナラティブな物語を、交換媒体としてではなく、価値の貯蔵庫として購入することになる。

確かに、時々「規制強化」や「取り締まり」の見通しが市場を震撼させるが、全体的には、中央銀行や規制当局はビットコインよりも安定したコインに関心を持っているようで、この資産に対する機関投資家の需要の増加に伴い、金融センターがイノベーションに開放することへの圧力も高まっている。

マイクロストラテジー、ハーバード大学、スクウェアに続き、今、世界最大の資産運用会社であるブラックロックが2つのファンドに投資対象としてビットコイン先物を追加していることが報じられている。これは、同社が顧客にクリプトカレンシーへのエクスポージャーを提供するのは初めてのことである。

フィアー・アンド・グリード・インデックス

伝統的な市場の恐怖と貪欲指数と同様に、Crypto Fear and Greed指数は、投資家がビットコインのようなcryptoを購入する意思がどれだけあるかに影響を与える主要な感情のうちの2つを測定するツール。

1月22日、指数は40の値まで急落し、市場のセンチメントは “極端な強欲 “から “恐怖 “へと変化した。同指数は、ビットコインが10,500ドル前後で取引されていた2020年10月3日以来、初めてこの安値まで下落した。

下のグラフを見てみると、株価指数の同様の下落(恐怖を示す)は、株式市場の暴落時の2020年3月と、9月の初めにも起きていることがわかった。

しかし、恐怖は必ずしもそれが購入する悪い時期であることを意味するものではない。実際、見ての通り、信頼感の急落は通常、価格の大幅な上昇に続いて起こる。

もちろん、これらはビットコインの市場を評価し、購入するのに適した時期を判断するための多くの方法のほんの一部に過ぎない。

長期的に取引する場合は、デイトレーダーやスキャルプトレーダーのように価格に敏感である必要はないかもない。現状では、28,000ドル付近に強いサポートがあるが、このサポートが破られた場合は24,000ドルを試す必要があるかもしれない。一方、36,500ドルには強い抵抗があるため、ビットコインはしばらくの間、横向きで取引される可能性がある。

ビットコインの投資家がよく行う投資方法の1つは、単に定期的にビットコインに多くの資本を割り当てること。これは、ある時はディップを買うことを意味し、ある時はトップを買うことを意味する場合もある。しかし、長期的には、エントリー価格が平均化するにつれて、この資産への多くの取引のうちのどれか1つの取引での正確なバイインポイントは、あまり重要ではないかもしれない。

最新のテクニカル価格分析については、AAXのマーケット分析セクションをご覧ください。

Tags

タグ

Choose a language